Instagram

料亭安愚楽は、明治23年(1890年)高野山参拝の宿場町であった現在の和歌山県橋本市高野口町に料理旅館として誕生いたしました。そして昭和41年(1966年)に和歌山市に店を移し、現在、本店、支店共に、徳川御三家の一つ紀州徳川家の居城である和歌山城の前に位置しております。 現店主は、長年の研究により、和歌山でとれる新鮮な山海の幸を使い、素材を活かした独自の紀州懐石を考案いたしました。繊細さと豪快さをあわせ持つ安愚楽の料理は、和歌山の自然と歴史と文化を象徴しています。高野山、熊野古道が世界遺産になった今、世界中から、多くの人々が和歌山を訪れます。世界中のお客様を魅了する安愚楽での極上のお料理とおもてなしを是非お楽しみください。

安愚乐料亭位于和歌山县高野口町(今桥本市)。它始于明治23年(1890年),最初做为佛教真言宗圣地高野山参拜者提供膳食的下榻旅馆而远近闻名。昭和41年(1966年)搬迁至和歌山城堡之前,即现在本店和分店的所在地。原址是驹止料亭,为德川幕府御用三家之一的纪州德川家城堡,从大正时代到昭和初期(1912年至1935年)荟萃了当地许多重要的文人和政治家以及资产家。这里也是现今女当家人的出生地。当家人在继承传统料理的基础上,并经过多年精心研究取得了丰富的经验积累。在严格选用当地和歌山县出产的新鲜山珍海味时令食材的同时,创作出了独具风格的精致而又不失豪放的纪州风怀石料理。今天,越来越多的游客到访拥有世界文化遗产高野山和熊野古道的和歌山县。安愚楽料亭将会让海内外来客感受到上乘料理和虔诚服务的魅力。

Agura opened its doors in Kouyaguchi, Wakayama in 1890 as a traditional Japanese inn (ryokan) to house travelers on the sacred pilgrimage to Koya-san.

Over 70 years later, in 1966, Agura moved to Wakayama-city as a Japanese restaurant. Along with its sister branch, it is currently located in front of Wakayama Castle, home to Kisyu-Tokugawa, one of the three leading families of the Tokugawa clan.

Through many years of training, research, and experimentation, Agura’s current owner has developed a truly unique Kisyu( Wakayama) Kaiseki cuisine, showcasing the fresh ingredients available in the mountains and waters surrounding Wakayama. Furtheremore, Agura’s delicate and splendid dishes serve to represent Wakayama’s nature, history, and culture.

In recent years, we have seen a rise in overseas visitors to Wakayama as Koya-san and the Kumana Kodo pilgrimage route were registered as a UNESCO World Heritage Site.

We hope Agura’s exquisite cuisine and our “Omotenashi” service will captivate and add to your wonderful experiences in Japan.

We look forward to welcoming you at Agura very soon!

新着情報9月

営業時間のご案内

定休日

営業時間